« ホーム

Cimcorpは、OlviBreweryに新しい注文ピッキングシステムと樽グリッパーを提供します

10月09日、2018年 Cimcorp本社
読書の時間 3 MINS

フィンランドの醸造所は、フィンランドのイーサルミにある本社で、樽の取り扱いのための新しい台車ピッキングシステムと変更されたソリューションを注文しました

フィンランド、ウルヴィラ  - 10月9、2018 -  ターンキーロボットガントリーベースの注文処理およびタイヤ処理ソリューションのメーカーおよびインテグレーターであるCimcorpは、ロボットドリーピッキングシステムを提供していることを発表しました。 オルヴィ醸造所 フィンランドのイーサルミにある本社の施設で。 この場所から、オルヴィはビール、サイダー、ソフトドリンク、エナジードリンク、ボトル入り飲料水をフィンランド全土の小売店に直接配布しています。 Cimcorpソリューションには、台車のピッキングを処理するためのガントリーロボットと、ハイベイ倉庫から注文処理のための積み込みドックまでの生産後の材料の流れを制御するソフトウェアが含まれています。

CimcorpによるOlviの以前の注文ピッキングソリューションは、飲料トレイに加えて、ビール、サイダー、ロングドリンクなどの加圧飲料を保管するように設計された樽を処理するように変更されました。 Cimcorpは、樽グリッパーの制御に必要なソフトウェアの変更も提供しました。

Marjatta Rissanen、 オルヴィ醸造所のカスタマーサービスおよび管理ディレクターは、次のように述べています。

「30リットルの樽は、そのサイズと重量のために取り扱いが困難です。 以前は、樽は手動で選択され、顧客固有のパレットに追加されていました。 夏の間は、需要の高まりにより、毎日摘み取られる樽の量が劇的に増加します。 新しい樽グリッパーは、XNUMX年のピーク時の取り扱いを最適化するだけでなく、従業員にとってより安全になり、製品をより早く顧客に届けることができます。」

オルヴィとシンコープは、フィンランドの醸造所が最初の自動注文ピッキングシステムに最初に投資した2005年に継続的なパートナーシップを開始しました。 長年のパートナーシップは、樽グリッパーの開発に役立ちました。 「私たちは数年間樽の取り扱いに苦労しました。 突然、テクニカルマネージャーは、Cimcorpにタイヤを処理するグリッパーがあることに気付きました。 タイヤは樽のように重くて丸い」とリサネンは付け加えた。 「それは自然なフィット感のようでした。」

改造された樽グリッパーは、夏のピークシーズンにちょうど間に合うように、2018年春にカスタマイズされました。 「厳しいスケジュールにもかかわらず、実装は素晴らしかった。 機器は最初からうまく機能しました」と述べました。 PekkaKääriäinen、オルヴィ醸造所のテクニカルマネージャー。

1878年に設立されたオルヴィ醸造所は140を祝いますth 今年の記念日。 同社は常にフィンランドの醸造業界の多くの伝統に革命を起こす先駆者でした。 「私たちは常に時代の先を行き、機敏に行動し、トレンドの変化に迅速に対応するよう努めています。 それが私たちがまだ周りにいる理由かもしれません。 私たちの職場文化は非常に革新的であり、常に異なる考え方をし、物事を行うための新しくより良い方法を見つけることは私たちの文化の一部です。」

Kai Tuomisaari、 Cimcorpの営業担当副社長は次のように述べています。

「これらの注文はどちらも、長年のお客様が当社のソリューションを高く評価し、信頼していることを裏付けています。 私たちの関係がどのように進化したかは、この相互信頼の表れです。 私たちは、従来の顧客とサプライヤーの関係というよりも、パートナーのようなものだと考えたいのです。」

オルヴィプレス画像 ダウンロード

オルヴィについて

オルヴィはフィンランドの飲料会社であり、消費者に飲料の楽しみを提供したいと考えています。 オルヴィは1878年以来、イーサルミですでに飲料を製造しています。 現在、同社はフィンランド、ベラルーシ、バルト三国の1,900か国で事業を展開しています。 従業員は約XNUMX人です。 オルヴィA株は、NASDAQ OMX Helsinki Ltdのメインリストに引用されています。詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 www.olvi.fi

Cimcorpについて

Cimcorp Group –一部 村田機械株式会社(ムラテック) –は、高度なロボット工学とソフトウェアテクノロジーを使用した、イントラロジスティクスのターンキー自動化の世界的な大手サプライヤーです。 Cimcorpは、タイヤ業界向けの先駆的なマテリアルハンドリングシステムのメーカーおよびインテグレーターであるだけでなく、食品および飲料、小売、eコマース、日用消費財で使用されている注文処理および保管用の独自のロボットソリューションを開発しました。 (FMCG)および郵便サービス部門。 フィンランド、カナダ、米国に拠点を置くこのグループには、約400人の従業員がおり、2,500を超えるロジスティクス自動化ソリューションを提供してきました。 これらのシステムは、運用コストを削減し、トレーサビリティを確保し、効率を向上させるように設計されており、40大陸XNUMXか国の製造および流通センターで使用されています。