« ホーム

インドのチェンナイに新事務所を開設し、成長を加速

3月26日、2019年 Cimcorp本社
読書の時間 3 MINS

Cimcorpは、インドでのタイヤ産業の自動化に対する需要の高まりに応えて、チェンナイにオフィスを設立しました

フィンランド、ウルヴィラ –ターンキーロボットハンドリングソリューションのメーカー兼インテグレーターであるCimcorpは、今年XNUMX月にインドのチェンナイに新しい場所を開設し、アジアの顧客により良いサービスをより迅速に提供できるようにしました。

グループのアジアにおける既存の場所に加えて、新しいインドのオフィスは、Cimcorpの成長戦略をサポートしています。 によると 若林正俊、CimcorpのCEOは、次のように述べています。「インドにプレゼンスを拡大するという決定は、現時点では論理的なステップです。 私たちのオフィスはチェンナイにあり、インドの現在および将来の顧客にサービスを提供する能力を強化しています。 この施設は、インドのクライアント向けのカスタマーサポートの場所にもなります」と彼は続け、「親会社である村田機械と提携して提供する包括的なサービスネットワークを拡大することができます」と続けました。

チェンナイに拠点を設立するというCimcorpの決定は、インドのタイヤ業界における自動化に対する需要の高まりへの対応であり、タイヤ製造のマテリアルフロー自動化のリーダーとしての同社の地位を強化しています。

私たちのオフィスはチェンナイにあり、インドの現在および将来の顧客にサービスを提供する能力を強化しています。

PekkaNatriがインドの事業責任者に任命されました

Cimcorpが任命しました ペッカナトリ インドのオペレーション責任者として。 Natriは国際ビジネスで長い実績があり、以前はインドで働いていました。最初は1990年代に、次に2007年から2011年にかけてより長い期間働きました。 「私はこの役割に足を踏み入れ、Cimcorpがアジア市場でのプレゼンスを強化するのを支援できることに興奮しています」とPekkaNatri氏は述べています。

Natriは、顧客の近くで最適な場所を見つける責任があるだけでなく、地元の採用スペシャリストと協力して、会社のインドチームに最適な人材を獲得しています。「これは、Cimcorpの成長にとって、そして私個人にとっても大きなチャンスです」と彼は言いました。 。 「インドのスタッフの能力とプロ意識により、お客様がこれまで以上にコアビジネスに集中できるようにサポートできると確信しています。」

若林正俊は言った、

若林正俊氏は、「ペッカ・ナトリは強力なリーダーシップと専門知識を発揮しており、この投資がお客様だけでなく従業員にも即座にプラスの影響を与えることを確信しています」と述べています。

Cimcorpについて

Cimcorp Group —の一部 村田機械株式会社(ムラテック) —は、高度なロボット工学、マテリアルハンドリング、およびソフトウェアテクノロジーを使用した、イントラロジスティクスのターンキーオートメーションの世界的な大手サプライヤーです。 Cimcorpは、タイヤ業界向けの先駆的なマテリアルハンドリングシステムのメーカーおよびインテグレーターであるだけでなく、食品および飲料、小売、eコマース、日用消費財(FMCG)および郵便サービス部門。 Cimcorpは、親会社とともに、サービス拠点の世界的なネットワークを誇​​っています。 これらのシステムは、運用コストを削減し、トレーサビリティを確保し、効率を向上させるように設計されており、40大陸のXNUMXか国以上の製造および流通センターで使用されています。

メディア接触

ハイジスコット
ブリッジランド著作権
電話番号+ 44(0)1622 832 598
heidi@bridgeland-copyright.co.uk

会社の連絡先

ポーラ・オバスカイネン
Cimcorp
電話+ 358 10 2772 000
paula.ovaskainen@cimcorp.com