自動車製造―

組立ラインの合理化

シムコープのロボットソリューションは、バッファ保管や組立ライン、さらにホイル付タイヤ(TWA)など、自動車製造のハンドリングでも活躍しています。ガントリーロボットを核とするシステムで、バッファ保管、仕分けおよびピッキングを一体化し、フレキシブルな運用を実現します。

自動車業界

消費者ニーズの多様化に対応して、多くの自動車メーカーは広範なオプションを提供する必要があり、そのために製造工程はますます複雑化しています。サプライチェーンで維持しなければならないSKUsの数は、ますます増加しています。 自動車組立ラインでは、保管しているコンポーネントをジャストインタイム(JIT)で組立ラインに供給しなければなりません。 プラスチックコンテナやバケットのハンドリングに適したシムコープの3D Shuttleは、広範囲のSKUsの効率的に保管し、必要なタイミングで必要な部品をピッキング。自動車業界に最適なソリューションが提供できます。

自動車組立ラインにおける3D Shuttleの利点

3D Shuttleは、ジャストインタイムに対応した精確なピッキングと省人化を実現します。また物流管理システム(WCS)で常に在庫を把握し、それらを棚卸情報として生産情報に活用できるため、余計な在庫を抱えることなく効率的なモデルチェンジが可能です。

シムコープのロボティクスソリューションは、ラックやスプリンクラー不要で建築コストを抑制するとともに、業界トップクラスの省エネ仕様でランニングコストも節約できます。モジュール単位のシステムは拡張も容易で、市場ニーズの変化や需要変動に柔軟に対応します。

Car Manufacturing Assembly Line, Cimcorp

JIT対応のホイル付タイヤハンドリングシステム

JIT対応のホイル付タイヤハンドリングシステム

数時間前に指示したオーダーに基づいて、ホイル付タイヤをジャストインタイムで組立ラインに供給する、こうしたJIT対応のスケジューリングについても、シムコープには豊富なノウハウがあります。

リムへのタイヤの取り付けが自動化されていても、各車体にあわせてホイル(フロント・リア・スペア)をセットするのは自動化されていないのが一般的です。自動車メーカーからサプライヤーへの発注はリアルタイムに行われますが、リムとタイヤの組み合わせはユーザーの好みによって異なるため、それぞれ別にセットされるからです。

シムコープのロボットソリューションは、このリムとタイヤのセットも自動化します。 ホイル付タイヤ組立ラインの後工程に位置するロボットシステムは、自動車メーカーへの出荷前バッファ保管とピッキングを実行。数百SKUsをハンドリングできるため、自動車メーカーからの注文に応じて、迅速に該当のホイル付タイヤをピッキング。棒積み単位で効率よくトラックへの積込まで自動化します。

自動化によるスケジュール遵守

自動化によるスケジュール遵守

自動車メーカーから協力工場へは、週次単位でホイルセットの注文予測が連絡されますが、確定発注は組立の数時間前というのが一般的です。そのため納期遵守と誤納品ゼロは、協力会社にとって非常にハードルの高い、重要な課題となります。

しかしシムコープのロボットシステムを採用すれば、週次予測に従ったセットを事前に保管することで、より効率的な生産が可能です。注文確定に応じて、ガントリーロボットは在庫から適切なセットのホイル付タイヤを取り出し、コンベヤを介して適切な順序で積込ドックへと搬送します。 ロボットシステムは、どんなに重たいホイル付タイヤでも、ミスなく迅速に連続でピッキングできるため、納期遵守、誤納品ゼロを確実に実行します。

シムコープの革新的なオーダー・フルフィルメントソリューション(受発注統合物流管理ソリューション)は、 オーダーピッキングのプロセスをシンプルにする ことで、販売機会を増加させます。今日の小売流通に求められる機能を満たしたソリューションです。 シンプルで拡張性に優れたロボットシステムは据付もメンテナンスも容易で、投資対効果に優れています。より少ない投資でより多くの成果を約束するソリュー ションなのです。

This site uses cookies to provide you with a best browsing experience. By using this site you agree to our use of cookies as explained in our Privacy Policy.