物流制御システム(WCS) —

受発注統合物流制御システム

シムコープの物流制御システム(WCS)は、オーダーピッキングや物流フローの管理など、物流センターに必要な機能を統合的に管理します。

シムコープの物流制御システム(WCS)は、受発注と物流フローを統合的に管理します。商品、明細、数量、優先順位、納期など、あらゆる関連データを、お客様のホストシステムの下で管理。統合的に出荷計画も管理することで、例えば出荷トラックにそのまま積み込めるよう納品先逆順で出庫します。

完全なデータ管理およびタイヤ製造のトレーサビリティ

原料から、混合・配合、材料加工、成形・加硫、検査、そして製品保管から出荷まで、タイヤ製造工場全工程の物流フローは、物流制御システム(WCS)で管理され、工程ごとの生産データ、レシピ管理、履歴追跡は製造実行システム(MES)で管理されます。 WCSとMESが連携することで、タイヤ1本単位の精確なトレーサビリティが可能になります。

MESによる完全なトレーサビリティ

シムコープのMES(製造実行システム)は、生産・出荷の各工程で総合的にデータ管理を行ないます。 タイヤは、生産バッチやオペレーター、重量、生産時間、試験結果などが正確に記録管理されることで、一本単位での生産情報追跡・トレーサビリティが保証されます。これらの情報はインプロセス検査にも活用されるため、原材料や製品は品質要求をクリアしながら正確に次工程や検査機に引き渡されます。

物流フローの最適化

シムコープの定評あるWCSは、先入れ先出しの在庫管理の徹底、上流工程からの供給、ロボットへの供給、SKUへの選別まで、タイヤ製造工程で必要な全ての自動化機器、重要機能を管理します。

WCSは、使用スペースや工程運用の最適化のために、ロボットによる保管やバッファ保管では、保管スペースの動的な運用管理も行います。 リアルタイムな状況監視から在庫状況の可視化、仕掛品の進捗管理まで、直感的に把握できるグラフィカルなインターフェイスで操作性にも優れています。

This site uses cookies to provide you with a best browsing experience. By using this site you agree to our use of cookies as explained in our Privacy Policy.